忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

近畿高校弓道で優勝 赤穂3年の札場菜那さん

 2023年08月26日 
 第76回近畿高校弓道大会の女子個人で赤穂3年の札場菜那さん(18)が優勝。自身にとって高校最後の公式戦で有終の美を飾った。

近畿高校弓道の女子個人で優勝した札場菜那さん


 大会は7月22・23日に彦根市であり、近畿2府4県の上位選手計60人が出場した。決勝は的を外した者が脱落する「射詰」と呼ばれる競技方法で、4射目まで終えた時点で札場さんを含む4人に絞られた。5射目からは的の直径がそれまでの36センチから24センチに縮小。他の3選手が外した中、唯一人的を射止めた。

 大会の数日前に体調を崩して不安があった中、8射して5本以上的中すれば通過できる予選は5本的中でぎりぎりクリアした。しかし、本人は「前日の公開練習で、いい感じで弓を引けていた」と復調の手応えを感じていたといい、勝負がかかった最後の場面も「思ったよりも的が小さく見えなかった。外す感じはなかった」と冷静に狙いを定めた。優勝を決めて試合場を出ると、うれしさと安堵の気持ちがあふれて涙がこぼれた。

 3つ上の姉に続き、高校から弓道を始めた。「部員のみんなと、しんどい中でも頑張って練習してきたことが一番の思い出」と札場さん。「自分自身と向き合うことができる」のが弓道のおもしろさだと話す。村上真順顧問(41)は「責任感が強く、普段から練習をおろそかにせず、最後までやり抜くタイプ。これまでやってきたことが今大会で結実した」と努力を称えた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年8月26日号(2519号) 1面 (5,411,106byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←ゆき(05/27)
  • 赤穂小のPTA改革 任意加入を明確化 学級委員廃止も←ぴきぴき筋太郎(05/27)
  • 《市民病院医療事故多発》被害患者が脳外科医を刑事告訴←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警