忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

みんな生き生き「ユニバーサルマラソン」

 2023年03月15日 
 「兵庫ユニバーサルマラソン2023」が12日、御崎の赤穂海浜公園であり、車いすロードレースとユニバーサルリレーに計約160人が出場した。

一斉にスタートするユニバーサルリレーの第一走者


 一昨年まで丹波篠山市で行われた「全国車いすマラソン大会」を継承した大会として兵庫県と公益財団法人兵庫県障害者スポーツ協会が主催。1周約2キロのコースを5周した。

 車いすロードレースには12人が出場。懸命に腕でホイールを回して進むランナーたちに声援が送られた。障がいの有無を問わず1チーム2〜5人でタスキをつないだユニバーサルリレーには40チームがエントリー。同級生4人で走った南野中の整体師、小橋孝弘さん(40)は「障がいがある人もない人も、みんなが生き生きしていて、自分も元気に走れた」と明るかった。

 約2年前の脳出血で右半身に麻痺が残る宍粟市の会社員、大谷一生(かずお)さん(48)はリハビリ仲間や支援員とチームを作ってリレーに参加した。会場には車いすラグビーやボッチャ、タンデム(2人乗り)自転車など十数種類のパラスポーツを体験できるコーナーもあり、「スポーツできるのは素晴らしい。マラソンだけでなく、フライングディスクや卓球にも挑戦したい」と意欲的だった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年3月18日号(2500号) 1面 (7,285,248byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←あまーい世界(02/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警