忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

冬の選手権3位 日ノ本学園の金谷愛心さん

 2023年02月12日 
 女子サッカーの第31回全日本高校選手権大会(12月30日〜1月8日、ノエビア神戸など)で3位になった日ノ本学園でMFとして全試合スタメン出場した金谷愛心さん(18)=赤穂東中出=に話を聞いた。

全日本選手権で全試合スタメン出場した金谷愛心さん(右)


 金谷さんは幼稚園年長で尾崎サッカー少年団に入団。そのころから左利きを活かして相手を抜き去るドリブルが得意だった。中学時代は姫路市内の女子クラブチームでキャプテンを任され、「地元で一番強いチームでプレーしたい」と夏冬合わせて7度の全国優勝を誇る日ノ本学園へ進んだ。

 今季は新チーム発足と同時にレギュラーの座を勝ち取り、夏の選手権は3位。試合終盤で足がつって途中交代した悔しさを胸に体力強化に取り組んだ。今大会は「豊富な運動量でオーバーラップしてチャンスを作ってほしい」(和多田充寿監督)との狙いで初めてサイドバックで起用され、何度も攻撃の起点となった。

 準決勝でPK戦の末に敗れたが、自身は最後までフル出場できた。和多田監督は「サイドバックを経験して選手としての幅が広がった。今まで『受け』のプレーが多かったが、自ら動き出すことでプレーの選択肢が増えた」と成長を認めた。

 「目標の日本一には届かなかったけれど、みんなで頑張れた」と前を向く金谷さん。卒業後も大学で競技を続ける。「攻守でチームに貢献できて、得点にもからめる選手になりたい」と新たな目標を追いかける。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月18日号(2496号) 4面 (13,257,809byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警