忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

パラ卓球全日本選手権3連覇 関福大2年の北川雄一朗さん

 2022年11月29日 
 パラ卓球の全日本選手権大会(11月19・20日、東京都調布市)で関西福祉大2年の北川雄一朗さん(20)=相生市那波野=が男子シングルス(車いすクラス3)で3連覇。初優勝のダブルスと合わせて2冠に輝いた。

全日本パラ卓球選手権大会でシングルス3連覇の北川雄一朗さん。ダブルスも制し2冠を飾った


 北川さんは指定難病のアントレー・ビクスラー症候群で足などに生まれつき障がいがある。小学6年の時、パラリンピック女子日本代表の別所キミヱさんの講演を聴いたのをきっかけに中学で卓球部に入部。はじめは義足を着け、高さ調整の踏み台に上がってプレーしていたが、大会では踏み台を使用できないため車いす卓球に転向した。中2で全日本選手権の個人戦ベスト8に入って日本代表に初選出され、「もっと上を目指したい」と競技者として卓球に取り組む気持ちを固めた。

 両親が自宅に作ってくれた練習場と大学の卓球サークルで週5日練習に励む。パラリンピック卓球金メダリストの南達也さん=明石市=をはじめコーチの指導で力をつけ、2年前からはメンタルトレーニングにも取り組む。昨冬にバーレーンであったアジアユースパラ競技大会はシングルスとダブルスで優勝。今年9月のフィンランドオープンで個人3位に入るなど国際大会でも結果を出し、30位以内でパラリンピック出場の可能性が高まるといわれる世界ランキングは自身過去最高の52位に浮上した。

 今大会の個人戦計5試合で失ったのは準決勝の1セットのみ。「競った場面でも落ち着いて立て直せた。過去2回の優勝よりも内容が良い」と実力向上に確かな手応えを感じている。「まずは来年度も日本代表に選ばれて海外遠征に参加したい。世界の強豪に勝ってランキングを一つでも上げたい」と語る先にしっかりとパラリンピック出場を見据えている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年12月3日号(2486号) 1面 (10,427,489byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合