忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

風切って走るヨットの爽快感

 2022年06月06日 
 大型ヨットの体験乗船会が4日、坂越湾であり、家族連れなど約30人がクルージングを楽しんだ。

坂越湾で行われたヨット体験乗船会。奥に見えるのは生島の御旅所


 かつて北前船寄港地として栄えた坂越浦でヨットの魅力を知ってもらおうと、まちづくり団体「坂越のまち並みを創る会」(寺井秀光会長)の協賛で姫路ヨット協会(妹尾達樹会長)が主催した。

 同協会副理事長でヨット歴約40年の会社員、大和田樹志さん(61)が所有する「プラチナ号」(37・5フィート)のほか、会員以外のヨット仲間も協力して計4艇が出航。4〜8人ずつ分乗して生島の周辺海域を約1時間航海した。この日の天候は快晴。参加者らは風を切って走るヨットの爽快感を味わった。

 同級生で参加した尾崎小4年の久田千紗さん(10)は「船の先頭に乗せてもらった。風が気持ちよかった」と話し、安岡結菜さん(10)は「とても楽しかった。また乗ってみたい」と初めて乗船したヨットを満喫できた様子だった。

 湾内ではカヌーや小型ヨットの体験教室も行われた。3年前にも企画したが強風で大部分を中止したといい、寺井会長は「いい天気の中開催できて良かった。大人も子どもも楽しんでもらえたのでは」とイベントの成功を喜んだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月11日号(2465号) 4面 (12,599,577byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←匿名(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/09)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合