忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

伯鳳会が災害医療車導入 チームも新設

 2022年03月08日 
伯鳳会グループが導入した災害医療車と救急災害医療チーム「ブルー・フェニックス」。車両前面のカラーリングはトリアージをイメージ
 災害時の救急医療に役立てようと、伯鳳会グループ(古城資久理事長)はCT装置や血液検査システムなどに加えて自家発電機を搭載した災害医療車「メディカル・コネクス」を導入。赤穂中央病院を含むグループ内の3つの地域に救急災害医療チームを新設した。

 検査用(全長12メートル)と電源用(8・5メートル)の2台編成で、検査用車両にタブレット端末で操作するCT装置、持ち運び可能なX線撮影装置、少量の水で運用できる検体検査システムなどを装備。人員が限られた現場で迅速に対応するため、胸部CT画像の診断を人工知能(AI)で支援する機能や、画像をインターネットで送信して遠隔診断につなげるインターネットサーバーも搭載している。電源用車両には診察室と薬剤を保管する冷蔵庫が備えられている。

 同グループは2017年にドイツの医療機器メーカー「シーメンス」の日本法人とパートナーシップ契約を締結。災害現場でも高度な救急医療を提供できる移動型医療ソリューションの開発に共同で取り組み、昨年11月に完成した。同社によれば、CT装置と生化学・免疫装置を兼ね備えた車両は「世界初」という。

 導入に伴い、東京、大阪、赤穂の3か所で救急災害医療チーム「ブルー・フェニックス」を立ち上げた。このほど導入後初めて赤穂に車両が運ばれ、チームのメンバーらが操作を訓練。今後は災害拠点病院の東京曳舟病院に車両を保管し、平時は健診や往診に活用しつつ出動に備える。

 開発段階から携わった放射線部の角野満課長は「この車両を被災現場に迅速に展開することで、現地での医療水準を改善し、トリアージの精度を高められる。一人でも多くの命を救うことに役立てたい」と期待を込めた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月12日号(2454号) 4面 (7,716,594byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

伯鳳会さん、こんな設備持ってるなんて凄いですね。

19  8

投稿:素晴らしい! 2022年03月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←赤穂市民(04/13)
  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←いつまで(04/13)
  • 女人義士行列、御塩道中など「春の義士祭」14日開催←春祭り(04/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警