忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

《浄水施設担当課長汚職》元市課長に執行猶予付き有罪判決〜神戸地裁

 2021年06月29日 
 赤穂市の浄水施設工事を巡る加重収賄と詐欺の罪に問われた元市課長の男(59)=懲戒免職=に対する判決公判が29日にあり、神戸地裁は懲役3年、執行猶予4年、追徴金218万円(求刑・懲役4年、追徴金同)を言い渡した。
 判決などによると、元市課長は昨年3月と5月、御崎配水池整備工事などで「森松工業」(岐阜県本巣市)の貯水タンクが選ばれるように便宜を図った見返りに同社社員から現金計218万円を受け取った。また、一昨年の2月から6月にかけて、別の業者からの借金を清算するため、架空の施設修繕を発注し、市から業者へ現金計約46万円を支払わせた。
 飯島健太郎裁判長は「いずれも市職員の立場を利用した犯行で悪質。社会の信頼が大きく害された」などとし、「妻に負担をかけまいと努めたというが、結局のところ、無計画に出費を重ねて生活に窮し、犯行に及んだ」と厳しく批判した一方、「すでに懲戒処分を受け、反省し、被害額を弁済している」として情状酌量を認めた。
 公判後、赤穂民報の取材に応じた元市課長は、「真摯に判決を受け止める」と控訴しない意向を明らかにした。犯行のきっかけとなった高級外車は今年3月までに売却したといい、「市民、市役所のみなさまに本当にご迷惑をかけ、深く反省しております。一から出直し、支えてくれた家族のためにも一生悔い改めて生活していきます」と謝罪の弁を語った。
 森松工業の社員3人への判決公判は28日にあり、それぞれ懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合