忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

全日本パワリフ24年連続25度目V

 2021年05月01日 
全日本パワーリフティング選手権で25度目の優勝を果たした福島友佳子さんと準優勝の和文さん
 バーベル3種目の合計で競うパワーリフティングの全日本選手権大会2021(4月24・25日、栃木県芳賀町)で、若草町の福島友佳子さん(50)=パワーハウス赤穂=が女子47キロ級で24年連続25回目の優勝を飾った。
 全階級を通して1人に贈られる最優秀選手賞(文部科学大臣杯)に23年連続で輝いた。男子選手で現役最多出場を誇る夫の和文さん(54)は男子93キロ級で準優勝。夫婦揃ってメダルを獲得した。
 姫路市出身の友佳子さんは短大を卒業した20歳の春に同市内のスポーツジムに入会。元々は「ダイエットのため」に始めたバーベルのトレーニングだったが、その年の秋にジム仲間と一緒に大会デビュー。「頑張った結果が数字に表れるおもしろさ」にはまり、本格的に競技に取り組むようになった。ジムのトレーナーだった和文さんと結婚後もどんどん記録を伸ばし、全日本選手権で初優勝。欠場をはさんで第22回大会から頂点に立ち続けている。この間に世界選手権はベンチプレス選手権を含めて通算14度制し、2012年には日本人女性で初めて世界殿堂入りを果たした。
 日本協会の会長を務める古城資久・医療法人伯鳳会理事長の誘いで昨年12月、22年間暮らした東京から赤穂へ移住。友佳子さんは同法人が運営するジムのトレーナー、和文さんは病院職員として働きながらトレーニングを積む。転居による練習量不足や環境の変化など不安を抱えた今大会だったがトータル487・5キロでV。和文さんは665・0キロで自身3度目の銀メダルを手にした。
 「赤穂に行って弱くなったと言われたくなかったので、何とか結果を出せてほっとしています」と友佳子さん。3年前にマークした自己ベストの496・5キロは世界記録にあと3・5キロに迫っている。和文さんは「赤穂は会う方がみなさん親切で、とても住みやすいまち。これからも夫婦で互いに高め合いながら競技を続けたい」と抱負を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年5月1日号(2415号) 1面 (5,231,895byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合