忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「源氏香図」のコレクションを京都で展示

 2008年10月25日 
大上尚子さんと大徳寺黄梅院に展示する袱紗などコレクション
 日本の古典文様「源氏香図」をあしらった品物を数多く収集している加里屋の元短大職員、大上尚子さん(69)のコレクション展が10月31日(金)から京都市北区の大徳寺黄梅院で開かれる。
 「源氏香」は江戸初期に考案されたといわれる組香の一つ。5種類の香を5包ずつ計25包用意した中から任意の5包を順番にたき、その異同を聞き分ける遊び。全部で52種類ある組み合わせの一つ一つに源氏物語の巻名があてがわれ、「源氏香図」と呼ばれる文様で表すのが特徴。
 香道をたしなむ大上さんは「源氏香図」の文化性に魅せられ、その文様が入った着物や帯、小物などを30年ほど前から熱心に収集。源氏物語が生まれて1000年目にあたる今年、赤穂高校で同級生だった同院の小林太玄和尚の勧めもあり、出品することになった。
 コレクションは古帛紗や掛軸、くしなど多岐にわたり、いずれも縦棒5本と横棒からなる独特の文様があしらわれている。今展では、源氏香図に関連のある品のほか、江戸後期の袱紗など合計約200点を出品。同院は通常非公開で展示期間中のみ特別拝観できる。
 「すばらしい場所にお気に入りの品々を並べさせていただけるのは光栄でありがたい」と大上さん。「物語の内容に図柄や色合いをマッチさせている文化性の高さや奥ゆかしさを感じてもらえれば」と話している。
 11月9日(日)まで(ただし6日と7日は除く)。午前9時〜午後4時。拝観料は大人800円、中高校生400円。問合せは「京都古文化保存協会」Tel075・561・1795。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年10月25日(1818号) 1面 (9,846,956byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院 経営改善検証委のメンバー決定←taka(05/21)
  • 飼い主いない猫の不妊手術費助成導入 西播磨で初←猫苦手です(05/17)
  • 飼い主いない猫の不妊手術費助成導入 西播磨で初←市民(05/16)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合