忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 記事詳細

記事で振り返る2023年【10月】

 2023年12月28日 
 さまざまな事件や話題があった2023年。本紙が伝えた記事を国内、海外のニュースと合わせて振り返る。あなたの印象に残るのはどの出来事?

 ▼印は本紙記事、▽印は国内、海外の主な出来事。年齢、学年、所属、役職などはいずれも記事掲載当時。

 * * *

《10月》

▼住民栽培のフジバカマ咲く=周世の「赤穂ふれあいの森」の一角で秋の七草のフジバカマが開花。地元在住の井口邦夫さん(78)が栽培。「旅する蝶」アサギマダラも蜜を求めて飛来。


▼幻の「藤緞通」を復元=明治時代に藤の繊維で織られ、現存が確認されていない「藤緞通」を赤穂緞通作家の見並なおこさん(47)=上郡町高山=が推定復元。「藤織り」の技術を受け継ぐ京都府宮津市上世屋地区で技法学ぶ。


▼重さ約200キロの「カボチャのお化け」=中浜町の住宅街にハロウィンのオブジェ。加里屋の兵庫県職員、木村聡さん(63)が育てたジャンボカボチャに従姉の平安千晶さん(60)=尾崎=がペイント。


▼高齢者クラブが野菜栽培=上仮屋地区の高齢者クラブ「赤城会」(榊敏会長)がクラブの菜園で栽培した野菜を会員に無料配布。特色ある活動として注目。


▼市内公共バス運賃「200円均一」へ=赤穂市地域公共交通活性化協議会は、市内で運行する路線バスとコミュニティバスの運賃を来年10月から200円に統一する計画案を合意。


▽大谷翔平、米大リーグで本塁打王
▽将棋の藤井聡太、史上初8冠
▽旧統一教会の解散命令請求
▽ハマスがイスラエルに大規模攻撃、イスラエルが報復
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年12月16日号(2534号) 4面 (7,670,683byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←海が好き!(07/07)
  • 「アース坂越の森」 環境省の自然共生サイト認定←地球市民(07/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警