忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

市史史料集第9集刊行『明治二十五年赤穂郡洪水史』

 2023年03月25日 
 赤穂市は『赤穂市史史料集』の第9集『明治二十五年 赤穂郡洪水史』をこのほど刊行した。

 『赤穂市史』などによると、明治25年(1892)7月23日、台風による大雨で千種川が決壊。南野中村、尾崎村などで大きな被害を出し、赤穂郡内の記録に残る自然災害では過去最多の死者数となる89人が亡くなった。この水害を契機に「亀の甲」と呼ばれた井堰が撤去され、現在の流路となった。

 史料集では、この大水害の2年後に兵庫県赤穂郡役所が発行した『明治二十五年赤穂郡洪水史』の全文を収録。被災状況や行政の対応、水害後の復興について知ることができる。また、江戸時代から明治時代に至る赤穂地域の自然災害に関する史料を諸記録から抄出して年代順に配列・収録した。

 A5判280ページで1部700円。問い合わせは市教育委員会文化財課市史編さん担当TEL43・6848。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年3月25日号(2501号) 2面 (4,760,377byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警