忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

復元塩田で塩づくり作業を体験

 2023年03月22日 
 揚浜式から流下式まで復元塩田がある御崎の赤穂市立海洋科学館・塩の国で、赤穂の塩づくりの歴史や塩田の仕組みを学ぶ日本遺産こども教室「体験!赤穂の塩づくり編」(赤穂市日本遺産推進協議会)が18日にあり、親子15人が受講した。

入浜塩田の塩づくり作業体験もあった「日本遺産こども教室」


 赤穂では弥生時代末期の製塩土器が出土しており、塩づくりの歴史は2000年に及ぶ。江戸時代には日本初となる大規模塩田がつくられ、その面積は約450ヘクタールにまで拡大。同館がある海浜公園の一帯は、かつて東浜塩田が広がっていた。

 この日は市教育委員会文化財課の荒木幸治係長が「赤穂の塩ってすごい!」と題し、赤穂から全国各地に製塩技法が伝わっていったことや、赤穂塩が良質だったために他の産地の約2〜3倍の価格で取引されていたことを示す古文書を示すなどして、赤穂塩が「日本第一」と言われた理由を説明。にがりを多く含み江戸に流通した「差塩」と京や大坂で好まれた「真塩」などの味を比べ、種類の違いを舌で確かめた。

 復元されている入浜塩田で昔の製塩作業も体験。塩田の砂を引く「万鍬(まんぐわ)」や塩田に海水をまく「潮掛け杓」などを実際に使ってみた。幅の広い鍬のような形をした「柄振り(えぶり)」と呼ばれる道具で塩田の砂をかき集める作業を体験した元塩町の小学6年、馬場未宙(みひろ)さん(12)は「昔にワープしたみたい。砂が重たくて腰が痛くなった」と当時の塩づくりの大変さを実感した。

 21日には坂越地区で「坂越のまちなみを歩こう!編」があり、北前船の寄港地として栄えた歴史を学習した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年3月25日号(2501号) 2面 (4,760,377byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警