忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 記事詳細

記事で振り返る2022年【9月】

 2022年12月27日 
 さまざまな事件や話題があった2022年。本紙が伝えた記事を国内、海外のニュースと合わせて振り返る。あなたの印象に残るのはどの出来事?

 ▼印は本紙記事、▽印は国内、海外の主な出来事。年齢、学年、所属、役職などはいずれも記事掲載当時。

 * * *

 ▼学会が訓練施設認定を停止=「医療安全管理体制に安全教育上の重大な懸念事項がある」として、赤穂市民病院が8月19日付けで日本脳神経外科学会から専門医訓練施設の認定を停止されていたことが判明。

 ▼全線開通から60周年=1962年の国鉄赤穂線全線開通から60周年。JR播州赤穂駅で記念セレモニー。


 ▼赤穂緞通の魅力伝える絵本を製作=赤穂緞通の織り手を目指して大分県中津市から移住した廣津真由さん(26)が赤穂緞通の魅力を伝えるオリジナル絵本『あこのとくとうせき』を制作。


 ▼「計画通り埋め戻しを」市民の会が要望書=兵庫奥栄建設が産業廃棄物最終処分場への転用を計画している福浦の採石場跡地をめぐり、「産廃最終処分場建設反対赤穂市民の会」は当初計画通り建設残土で跡地を埋め戻すよう求める要望書を同社へ提出。


 ▼次期市長選へ現職が出馬表明=任期満了に伴う来年1月の赤穂市長選(15日告示、22日投票)へ向け、現職の牟礼正稔氏(68)=坂越=が再選を目指し立候補を表明。

 ▼少年硬式野球の全国大会で準V=第30回ヤングリーグ選手権大会で市内在住の4選手(山路保尊君、神代晋君、福井睦君、増田純人君)が所属する佐用スターズが準優勝。


 ▽通園バスに取り残され3歳児死亡
 ▽西九州新幹線が開業
 ▽エリザベス英女王死去
 ▽イランで反政府抗議デモ
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年12月17日号(2488号) 4面 (5,717,223byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←ゆき(05/27)
  • 赤穂小のPTA改革 任意加入を明確化 学級委員廃止も←ぴきぴき筋太郎(05/27)
  • 《市民病院医療事故多発》被害患者が脳外科医を刑事告訴←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警