忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

赤穂高陸上部から32年ぶりインターハイ

 2022年07月15日 
 陸上競技の第75回全国高校選手権大会(8月3〜7日、鳴門市)に赤穂3年の藤原颯汰(そうた)君(17)=六百目町=が男子砲丸投で出場する。

赤穂高校陸上部から32年ぶりにインターハイに出場する藤原颯汰君


 5月の県大会で自己新の15メートル04で優勝。先月の近畿大会は14メートル96で記録を伸ばせなかったものの、全国大会の出場権が与えられる6位に食い込んだ。関係者によると、同校陸上部からインターハイに出場するのは1990年の寺下好穂さん(49)=男子400メートル=以来32年ぶりという。

 藤原君は高校卒業後は看護師を目指して勉強に専念するため、陸上競技の公式戦は今大会が最後になるという。「中学からやってきた陸上競技の集大成となるような投てきを」と意気込む。肥塚直樹顧問(60)は「結果は後からついてくる。思い切って投げてほしい」と応援している。

 赤穂市教育委員会によると、同大会には男子1600メートルリレーで新田將一朗君(岡山商大附3年)=坂越中出=と同走高跳で周世原春玖(はく)君(同2年)=赤穂東中出=も出場が決まっている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月16日号(2470号) 4面 (10,721,393byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

全国の舞台は緊張すると思いますが、のびのびと自身の力を発揮して欲しいです。頑張って。

5  1

投稿:赤穂市民 2022年07月15日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合