忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

加里屋川整備連絡協に河川功労者表彰

 2022年06月09日 
 河川の自然保護や環境学習などの活動に功績があったとして、「加里屋川ふるさとの川整備連絡協議会」が公益社団法人日本河川協会から河川功労者表彰を授与された。

日本河川協会の松田芳夫会長から「河川功労者表彰」を授与された「加里屋川ふるさとの川整備連絡協議会」の大橋正樹会長(右)=同連絡協提供


 同連絡協は、二級河川・加里屋川で多自然型の治水整備を進め、良好な水辺空間を永続的に維持しようと、川沿いの6自治会で2000年に設立。地域住民や企業などと協力した美化活動や花壇の維持管理を継続してきたほか、ホタル再生プロジェクトや「未来の加里屋川」をテーマにした絵画展などにも取り組んだ。

 「活動が始まった20年以上前に比べると、川のごみが以前に比べて格段に減った。それだけ加里屋川を美しく守ろうという意識が定着してきた現れではないか」と大橋正樹会長(77)。「地域ぐるみの長年の活動が評価された」と表彰を受け止め、「今後も着実に活動を進めていきたい」と抱負を語った。

 同表彰は河川に関する幅広い分野で広く社会に功績のあった個人・団体を称えようと1949年に始まり、今年度の表彰式は6月2日に東京都千代田区の砂防会館で行われた。赤穂市関係分の受賞は「おそらく初めて」(市土木課管理係)という。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月16日号(2470号) 3面 (10,721,393byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←匿名(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/09)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合