忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治商業・経済
  3. 記事詳細

地域公共交通を連携サポート 近畿運輸局と協定

 2022年01月30日 
国土交通省近畿運輸局との「地域連携サポートプラン協定」締結式
 地域公共交通の維持や利用促進を目指し、赤穂市と国土交通省近畿運輸局は地域連携サポートプラン協定を28日に締結した。今後約1年間を目途に現地調査や意見交換などを行い、課題解決へ向けた提案をまとめる。

 近畿運輸局が自治体と一緒になって公共交通に関する課題解決策と実施を考えようと2016年度から始まった取り組み。赤穂市で23自治体目、兵庫県下では4例目で、福崎町では大学スクールバスの活用、朝来市では路線バスとコミュニティバスの連携運行などを提案した実績があるという。

 赤穂市が総合計画の策定に向けて実施した市民アンケートで、回答者の6割が「公共交通の利便性の確保」を重要施策と位置付けたことから、市が昨年度に近畿運輸局に協定締結を申し入れた。協定では、神戸運輸監理部兵庫陸運部が中心となって提案書を策定し、提案後も実施に向けて関係機関や事業者との意見交換を続けるなど継続的にサポートする。

 締結式で池田博美・兵庫陸運部長は「地域における生活交通の確保は喫緊の課題。地域公共交通の維持、活性化はまちづくり、観光、健康・福祉、環境などのさまざまな分野で大きな効果をもたらし、定住人口の維持、生産年齢人口の確保、地域の魅力を高める」とあいさつ。牟礼正稔市長は「協定によって利便性の高い地域交通のあり方を模索していきたい」と述べた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月12日号(2450号) 1面 (7,182,952byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)
  • 鹿と衝突事故急増 赤穂署が注意マップ←匿名希望(12/03)
  • 「目指すは金賞」マーチングバンド全国大会へ←同級生(12/02)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合