忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

念願の1部へ関福大女子バレー 男子サッカーは3年ぶり

 2022年01月01日 
来季の1部昇格を決めた関西福祉大学女子バレーボール部=同部提供
 関西福祉大学の女子バレーボール部が来季から関西学生リーグ1部に初昇格する。男子サッカー部も3年ぶりに1部リーグへの復帰を決定。ともにさらなる飛躍を目指す。

 女子バレーボール部は一時期部員不足で活動休止に陥っていたが、大学が指定強化クラブに位置付け、元全日本女子バレーボール代表コーチの水野秀一氏(41)を監督に招聘。2018年春に7部リーグから再始動した。質と効率の高い練習で力をつけてリーグ戦で勝利を重ね、昇格の階段をステップアップ。コロナ禍でリーグ戦が2度中止になったことで1年の足踏みはあったものの、最短期間で1部入りを決めた。

 復帰以来リーグ戦は44連勝で無敗。2セット以上取られた試合は一つもなかった。水野監督は「勝つチームを作ってくれた」と最上級生の功績を称える。今春で卒業する前主将の川上理梨奈さん(21)は「下級生が頑張ってくれたからこそ1部に行けた。来季もどんどん勝っていってほしい」とエール。新チームの齋藤野乃花主将(21)は「技術だけでなく、挨拶や礼儀を大切にし、『応援されるチーム』になりたい」と抱負を話した。

 * * *

 男子サッカー部は秋の2部リーグで2位となり、1部昇格を決めた。レベルの高い選手が攻守にバランスよく整い、「すべてのポジションに穴がなかった」(中田洋平監督)という。

 初めて1部で戦った2019年度シーズンは12チーム中最下位に沈み、わずか1年で陥落。昨季はわずかな勝ち点差で2部4位に終わり1部復帰を逃した。そこから選手たちだけで分析ミーティングを行う取り組みが始まり、「今季は試合中に劣勢になったとしても、自分たちでコミュニケーションをとって立て直せるようになった」(服部仁貴都主将)。練習で重点を置いたセットプレーによる得点が増え、競った試合をものにできたのも大きかった。

 「自分たちの代が残せるのは1部昇格だけ。プレッシャーはあったけど、責任を果たせてほっとした」と服部主将。スポンサー企業による支援をはじめ、一般市民がスポーツドリンクを差し入れてくれたこともあり、応援が力になったという。

 来季は1年生のときに1部を経験している学年が最上級生となる。中田監督は「前回は『なんとか上がれた』という昇格だったが、今回は勢いをもって上がれた。今年をベースにチーム力を積み上げ、攻め続けるサッカーで勝利を目指す」と意気込んでいる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年1月1日号・第1部(2444号) 1面 (8,659,251byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合