忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

雄鷹台山登山 32年かけ通算1万日

 2021年09月18日 
雄鷹台山で初の通算1万日登山を達成し、仲間から祝福される常念初恵さん=中央
 「ふるさと兵庫百山」の一つ、雄鷹台山(標高253メートル)で健康増進の「千日登山」を続けている北野中の常念初恵さん(76)が32年間かけて通算1万日登山を達成した。

 所属する登山サークル「オタカクラブ」によると、1万日に達した会員は初めて。仲間からの祝福に笑みがこぼれた。

 最初に登ったのは40代半ば。夫の秀樹さん(78)が自宅の裏から見える雄鷹台山を見て「登ってみようか」と言ったのがきっかけだった。スポーツ経験がなく、特に運動もしていなかった初恵さんは2合目にたどりつく前にリタイア。その後も時間を見つけて挑戦を繰り返すうちにクラブへの入会を誘われた。

 クラブが7合目に設置しているポストにはカレンダー式の会員名簿があり、登った日の欄に丸印をつける。通算500日と以降の1000日ごとに赤穂市教育委員会から表彰される制度で、会員の励みになっている。

 最初のころは一日置きくらいで登っていた常念さんも、毎日のように継続して日数を増やしていく会員仲間に刺激を受け、次第にペースアップ。2000日を超えたあたりからは日課となり、少々の雨なら傘をさして登るようになった。

 ルート沿いに咲く四季の花々を撮るためにカメラも趣味となり、15年前に副会長に選任されて千日登山の記録集計を担当するようになってからはパソコンも覚えた。会員仲間との旅行では富士山にも登頂した。

 「山に登ったおかげで人生の楽しみが広がり、数え切れないほどの思い出や財産ができた」と常念さん。「気を付けて行きよ。転ぶなよ」と日々送り出してくれた夫にも感謝する。「雄鷹台山は最高の山。けがをしないように無理をせず、元気なうちは登り続けたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年9月18日号(2432号) 1面 (6,853,355byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

常念とは、山歩きをされる方に適したお名前ですね

3  1

投稿:北アルプスを縦走した事があります 2021年09月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合