忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. コラム「陣太鼓」
  3. 記事詳細

コラム【陣太鼓】不正が起こりやすい職場

 2021年02月06日 
 アメリカの犯罪学者、ドナルド・クレッシーは、人が不正をはたらくには「動機」と「機会」が必要だと指摘している。
 動機は「ローンの支払いにお金が必要」「社内での自身の処遇に不満がある」などが該当し、機会は「現金の出納を1人で担当している」「チェック体制がなく、不正を行っても気付かれない」といったケースが当てはまるという。
 このほど発覚した赤穂市課長による収賄事件。捜査機関によれば、容疑の課長は借金返済に充てる金を得るために業者に賄賂を求めたとされる。係長を兼務して浄水施設関係の設計業務を一任される立場にあり、上司は書類の改ざんに気付けなかった。
 クレッシーは「動機と機会があったとしても、それだけでは不正行為は行われない」としている。もう一つの要素の「正当化」が加わったときに不正が生まれるとし、「不正のトライアングル」と名付けた。
 「今までは問題なかった」「これくらいみんなやっている」といった思考が正当化にあたる。容疑の課長はどのように「正当化」を図ったのか。
 専門家によれば、「仕事ぶりや業績が正当に評価されない」「社員にとって納得できないことが多くある」といった職場で不正が起こりやすいそうだ。赤穂市はいかに。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年2月6日号(2403号) 1面 (10,926,494byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合