忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社説
  3. 記事詳細

【社説】初心忘れることなく「市民主役」の行政を

 2015年01月24日 
 今回の赤穂市長選で本紙が実施した投票者アンケート(出口調査)で、「豆田正明市長の市政運営についてどのように感じていますか」と有権者に尋ねたところ、「評価できる」「どちらかといえば評価できる」の合計が67・4%、「どちらかといえば評価できない」「評価できない」の合計が27・0%だった。
 一方、1月20日付け神戸新聞によると、同紙の出口調査で「新市長に現市政からの『継承』『変化』どちらを望むか」という設問の集計結果が、「継承」「どちらかといえば継承」が合計23・7%、「どちらかといえば変化」「変化」は合計60・8%だったという。
 この2つの調査結果を照らし合わせると、現市政を肯定的に評価しながらも何らかの変化を求めている民意が大きなかたまりとなって存在していることがうかがえる。
 職員時代と副市長時代を合わせ41年余りにわたって赤穂市に仕えた行政経験を持ち、「効率的でスピード感のある行政」「変化する世の中や時代の流れへの対応」をアピールした明石元秀氏は「大きなかたまり」の受け皿にあてはまりやすかったのだろう。
 とはいえ、市政の「刷新」あるいは「転換」を訴えた明石氏以外の2候補がそれぞれ獲得した票数を見れば、また別の民意のかたまりがあることは明らかだ。
 明石氏は選挙戦で、「市民主役の行政」を理念に掲げて当選した。その初心を決して忘れず、民意をしっかりと受け止めて行政に取り組んでほしい。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年1月24日(2120号) 1面 (10,856,849byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社説 ]

コメント

ほとんど内容の無い社説ですね。
投稿:しお 2015年01月25日
指摘されてるやん
投稿:内容の無い社説 2015年12月05日
私は内容が有る社説だと思います。
個人毎に異なるのはあたりまえ。
投稿:読者 2015年12月06日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中