忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社説
  3. 記事詳細

【社説】「原点」忘れず市政に努力を

 2019年01月26日 
 新人が現職を破って当選したのは赤穂市長選では初めて(昭和28年市長選で新人の小幡栄亮氏に敗れた鳥羽嘉寿夫氏はリコール辞職後に出馬したため元職)。保守的で、急激な変化を好まない気質がある赤穂市において、今回の結果は「異例」とも言える。
 「明石さんも頑張っとんやろけど、もひとつぱっとせん。このままやったら、じり貧ちゃう? ほんまに当てにしてええんかどうかわからんけど、牟礼さんの方が何か手を打ってくれそうやろ」
 投票日の20日朝、投票を終えた60代男性は小雨の降る中、記者にこのように話した。
 本紙が出口調査を兼ねて実施した投票者アンケートでは、現市政を肯定的に評価した割合は57%。4年前の豆田市政のときは71%だったから、14ポイント下落している。しかも、肯定的に評価する層からも3割を超える有権者が牟礼氏に流れた。先ほどの男性のように、「もひとつぱっとせん」という現市政への閉塞感と「じり貧」への危機感、そして「何か手を打ってくれそう」という期待感が牟礼氏を勝利に押し上げたように思う。
 つまり、牟礼氏に全幅の信頼を置いて投票した有権者ばかりではない。今後は「ほんまに当てにしてええんかどうか」を市民から注視される中、選挙戦でアピールした「実行力と判断力」の真価が問われる。また、施策や事業が公共の福祉向上に照らして正当か、費用対効果に問題はないか、大衆迎合に陥っていないか、議会のチェックも受けることになる。
 牟礼氏は、「4年前に負けたことで、市民の皆様の声を市政に反映させるという原点に立ち返ることができた」と語った。その「原点」を忘れずに「粉骨砕身」の努力をし、一つ一つ公約を実現していくことでしか市民の信頼を得ることはできない。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年1月26日号(2311号) 3面 (12,271,362byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社説 ]


コメント

上から目線の言い方みたいで申し訳ないですが、まずはお手並み拝見ですね。
市民、職員とどういう関係を築いて行くのでしょうか。

そう思う 0

投稿:ベン 2019年01月28日
公約を4年間で全て実現する事は不可能だろうが、少しでも何か前に進めて政策推進して欲しい。ただ、それだけです。とにかく頑張ってください。

そう思う 0

投稿:赤穂市の明石焼き 2019年01月27日
期待してます!!

そう思う 0

投稿:おかめゴリラ 2019年01月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺