忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. コラム「陣太鼓」
  3. 記事詳細

コラム【陣太鼓】「2月4日」を大切に

 2012年02月10日 
 ▼正義を愛し名節を重んずる者は暫くここに歩を停めよ−。これは大石内蔵助ら義士17人が切腹した旧細川家下屋敷跡に掲げられている銘板の書き出しである
 ▼「切腹の地」は庭園だった当時の面影を残すように庭石を配して保存され、300年以上経った今も訪問者の心を揺さぶる。各時代で保存に尽力した人たちのおかげだ
 ▼保存の流れを生み出したのが、元禄当時の藩主、細川綱利(1643−1714)だ。自刃した17人を「我家の守り神」と称え、切腹が行われた庭地を据え置いた
 ▼義士の接伴役を務めた同家家臣の堀内伝右衛門は大石内蔵助ら17人の遺髪を持ち帰り、自家の菩提寺である日輪寺(熊本県山鹿市)に遺髪塔を建てた。同寺でも毎年2月に「義士まつり」が営まれている
 ▼主催する山鹿温泉観光協会によると、以前は2月第一日曜日に行っていたが、「義士が自刃された日を大切にしたい」と3年前から命日に固定したという。“忠臣蔵のふるさと”である赤穂も、「2月4日」を大切にしたい。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】内蔵助切腹の地が特別公開


掲載紙面(PDF):
2012年2月11日(1979号) 1面 (9,409,430byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂西中吹奏楽部 関西大会も金賞←りんりん(08/19)
  • 赤穂西中吹奏楽部が創部初の県金賞 関西大会へ←赤穂の人(08/19)
  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←ヒロリン♂(08/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中