忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

郷土の誇り 軽快にダンスで表現

 2020年06月27日 
ご当地ダンス「時を超えて〜AKO47」を練習する子どもたち
 「若い世代に『忠臣蔵』に関心を持ってほしい」という一市民の思いから、赤穂義士をテーマに子どもたちが歌って踊れるご当地ダンス「時を超えて〜AKO47」がこのほど完成。お披露目へ向けて地元ダンススクールの子どもたちが練習を始めた。
 ダンスが生まれるきっかけを作ったのは赤穂伝統義士踊実行委員会の平田孝光会長(78)=中広=。「義士祭をもっと盛り上げるための新しい演目を」と、故郷の郷土芸能「因幡の傘踊り」をヒントに「赤穂義士やり踊り」を2年前に考案したが思うように広まらず、周囲の勧めで「子どもも歌って踊れるダンスを作ろう」とプロジェクトを立ち上げた。
 「どんなに苦しい時も どんなにくじけそうでも 気持ちをひとつ胸に どこまでも走り抜け」「AKO47(フォーティセブン)想いをひとつに駆け抜けて われら47の魂が 時を超えて こだまする」など苦難を乗り越えて大願成就を果たした義士をイメージして歌詞を自作。クラウドファンディングで募った資金で作曲家に依頼したメロディーがこの春出来上がり、中広のダンススタジオ「RAM.DANCE STUDIO」インストラクターの宮本美起さんが振り付けた。
 アップテンポなリズムに乗せ、歌詞の内容にも合ったダンスが誕生した。練習で踊った中学3年の林彩葉(いろは)さん(14)=塩屋=は「曲も振り付けも踊りやすい。みんなの心を揃えて楽しく踊りたい」と軽快に身体を動かした。
 「みなさんの協力のおかげで完成したダンスなので、赤穂のまちに根付いてほしい。曲とダンスを通じて地元に愛着と誇りを持ってもらえることにつながれば」と平田さん。「学校のクラスとか友達同士とかで踊ってほしい。私もシルバーチームを作って踊りますよ」と意欲を見せ、「新型コロナウイルスが収束して、義士祭で見物客も一緒に踊れたら最高」と思い描いている。
 宮本さんが振り付けを紹介するダンス動画をユーチューブで公開している。見ながら練習しやすい反転バージョンもあり。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月27日号(2376号) 1面 (5,056,320byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺