忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

消防操法大会 延期を視野に再検討へ

 2020年04月03日 
 赤穂市消防操法大会(4月26日、市防災センター)の開催をめぐり、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する市民の声を受け、赤穂市消防団が3日、大会の延期を視野に再検討を始めたことがわかった。
 消防本部によると、同日に牟禮正稔市長から河本憲昭消防長へ大会延期の検討を促す申し入れがあり、吉田清光団長と協議した結果、同日中に団本部会議を開いて再検討することになったという。
 大会をめぐっては、1日の分団長会議で、「入れ替え制、無観客」での開催を決定。大会開催決定を報じる赤穂民報の記事を読んだ読者から、「地域を守る消防団や消防署員が、感染者を出さないように行動することがリスクマネージメント」「もし訓練や大会が感染拡大源になってしまったら大変な問題」などと中止や延期を求める声が相次いだ。
 消防操法大会は、消防技術の向上と士気の高揚、消防活動の充実発展を目的として開かれ、迅速、確実かつ安全に行動するための機械器具の取扱い及び操作の基本技術を競う。今年は2年に一度の全国大会が開催される年にあたり、赤穂市大会の上位2チームが全国大会の予選となる県大会への代表権をかけた西播磨大会(6月28日)に出場できる。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】消防操法大会 入れ替え制・無観客で決行へ
[ 社会 ]

コメント

山が動いた!
投稿:ありがとう 2020年04月03日
グッジョブ!牟禮市長!
投稿:一市民 2020年04月03日
これからも市民の福祉向上を第一に考えるリーダーであってください。
投稿:牟禮市長ありがとう 2020年04月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「小規模事業者の救済を」ネットで署名運動←乗り鉄自粛中(05/27)
  • 「小規模事業者の救済を」ネットで署名運動←一言居士(05/27)
  • 補正予算案可決 早くも迫られる追加策←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中