忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

議員定数検討「今年度中に結論」

 2019年12月07日 
 赤穂市議会(釣昭彦議長)は、市自治会連合会(沖知道会長)から要望のあった議員定数削減について、今年度末までに結論を出す方針を6日までに決定した。
 同自治連は今年10月、議員定数を現行の「18」から「16」へ削減するよう求める要望書を提出した。それを受けて議会は会派代表者会で協議。釣議長によれば、▽来年1月末から2月にかけて開く議員全員協議会で議員一人一人の意見を聴取▽その上で会派代表者会で協議し、年度内に結論を出すーとのスケジュールで合意したという。
 沖会長は6日、幹部役員とともに市役所を訪れ、正副議長と会談。議会の合意事項を今月中に文書で回答するよう申し入れた。また、本件について協議するための委員会を設置するよう要望。釣議長は本年度内に結論を出すことの確約について、「年内に文書で回答するように努力する」と応じ、委員会設置については「一存では決められない。会派代表者会で協議する」と話すに留めた。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】自治会連合会が市議会定数削減を要望
[ 社会 ]

コメント

議員を減らす事ばかりしていたら最終的に議員がいなくなってしまいましたとなるんじゃないでしょうか?
投稿:市民 2019年12月07日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数 会派代表者会でも「現状維持」←外野席から(02/12)
  • 議員定数 会派代表者会でも「現状維持」←解りません(02/10)
  • 【社説】本当に「部下が聞き間違えた」のか←結局(02/10)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中