忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

消防車100台分の放水システムで訓練

 2019年11月29日 
大容量泡放射システムを使って行われた消防訓練
 加里屋の関西電力赤穂発電所で28日、重原油タンク火災を想定した消火訓練があり、大容量泡放射システムを使った放水手順を確認した。
 同システムは、2003年に北海道・苫小牧市で発生したタンク火災を受け、全国12地区の広域共同防災組織に配備されている。同発電所が属する「瀬戸内地区広域共同防災協議会」は岡山、愛媛、徳島など5県計12事業所で構成し、香川県のコスモ石油坂出物流基地にシステムを保管。火災時には8時間以内に現場へ搬送して消火活動に使用する計画となっている。
 訓練は会場持ち回りで年1回実施しており、容量4万5000キロリットルの重原油タンク4基を有する同発電所では初めて。関連企業を含む35人が参加し、システムの搬入から設置、放水までの流れを確認した。1分間に最大3万8000リットルを放水できる威力があり、砲台から出された水は約120メートル先まで届いた。
 吉川雅之所長は「きょうの訓練は非常に役立った。今後も関係機関との連携を深め、万一の事態に備えたい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月30日号(2349号) 4面 (12,536,879byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中