忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

「創業塾」起業目指して6人修了

 2019年11月29日 
ビジネスに必要な基礎知識やノウハウを学んだ創業塾
 起業を志望する人を対象に経営の基礎知識やノウハウを指導する赤穂商工会議所の短期集中講座「創業塾」がこのほど修了。6人が修了証を受け取った。
 9月から5回シリーズで開講。出張そろばん教室を企画する女性や退職後にショットバーの開業を夢見る男性などが受講し、経営実務に詳しい中小企業診断士や金融の専門家からビジネスプランの作り方を学んだ。
最終回は各自が作成した創業計画書を一人ずつプレゼンテーション。販売戦略や資金計画などを熱意をもって発表した。
 リハビリに特化した訪問看護ステーションの開設を提案した山手町の理学療法士、山家志穂さん(50)は「受講者同士で新しい事業展開のヒントも見つかった。資金調達の方法や経理をもっと勉強したい」と創業への意欲を語った。講師としてアドバイスした岡山県中小企業診断士会の安藤覺会長(66)は「地域経済を支える軸は個人事業主。赤穂を盛り上げる存在になってほしい」とエールを送った。
 創業塾は今年で3年目。同商議所によると、これまでの受講者の中から少なくとも4人が創業を実現した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月30日号(2349号) 3面 (12,536,879byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中