忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

稀少な忠臣蔵映画ポスター寄贈

 2019年11月30日 
矢野英樹さんから寄贈された忠臣蔵映画ポスター
 明治から平成にかけて制作された忠臣蔵映画ポスターのコレクション55点を忠臣蔵愛好家の矢野英樹さん(49)=加里屋中洲=が赤穂市立歴史博物館にこのほど寄贈した。
 幼いころから赤穂義士への憧れが強かった矢野さんは思いが高じて本業の防水業のかたわら、忠臣蔵関連グッズを専門に取り扱う土産物店「わたや」を赤穂城跡隅やぐらの北向かいに2011年開業。「義士のまちに来たことが形に残る土産を」とオリジナルグッズをはじめ自身が収集した忠臣蔵映画のポスターも販売したが今年10月末で閉店した。
 ポスター類は忠臣蔵文化の史料としても価値があることから、「必要とされるところで活用してほしい」と店に残っていたものを同館へ寄贈。「最古の忠臣蔵作品」とされる『尾上松之助の忠臣蔵』(1910年)、片岡千恵蔵や阪東妻三郎など豪華キャストの『忠臣蔵 天の巻・地の巻』(1938年)といった名作のほか、『ギャング忠臣蔵』(1963年)、『OL忠臣蔵』(1997年)など異色作品のポスターもある。
 「稀少なものも含まれており、大切に保管したい」と同館学芸員の木曽こころ係長。今回寄贈されたポスターの一部は加里屋のJR播州赤穂駅改札口横ギャラリーで12月16日(月)まで展示されている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月30日号(2349号) 3面 (12,536,879byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中