忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

恵比寿面と大黒面 保存会が手作り

 2019年03月02日 
恵比寿面と大黒面を自分たちの手で完成させた山本俊郎会長と小川剛さん
 兵庫県指定無形民俗文化財の伝統芸能を継承する「赤穂宝専寺恵比寿大黒舞保存会」は、舞に使用する恵比寿面と大黒面の写し(複製)を製作した。
 能面製作経験者の監修を受け、会員の手で面打ちした労作。3月16日(土)に尾崎の宝専寺で完成披露会を催す。
 恵比寿舞・大黒舞は七福神の恵比寿と大黒天に扮した舞手が締太鼓の拍子に合わせて舞う「めでた舞」。尾崎地区で江戸中期ごろから伝わるとされ、龍野城主・脇坂家に女中として出仕していた尾崎村出身の女性が殿の前で舞を披露した褒美として恵比寿面を拝領し持ち帰り、後に対として大黒面を製作したとの言い伝えがある。
 2つの面は普段は御神体として同寺に祀られており、行事や祝席で舞を披露するとき以外は持ち出すことはできない。そこで、「稽古にも使える面を作ろう」ということに。業者に製作を発注できるだけの費用はないため、山本俊郎会長(75)と若手会員の小川剛さん(28)が自分の手で面を打つことにした。
 能面制作歴約10年の大矢根文一さん(78)=清水町=に監修をお願いし、昨年2月から製作を開始した。本面の凹凸を写した型紙を当てながら、少しずつのみを打つ。彫り過ぎると元に戻すことはできないので慎重に手を重ねた。失敗を恐れるあまり、「木を見ているだけで製作時間が終わった日もあった」(小川さん)という。形が整った面に調色した漆を塗って紙やすりをかける作業を繰り返し、最後にひげと眉毛を書き入れた。
 「一から十まで難しかった。今まで以上に面を大切にしたいと思った」と小川さん。大矢根さんは「2人ともよく頑張った。作り手の思いがこもった面が出来上がった」と称えた。
 「これで本番以外のときも面を着けられるので、首の傾け具合一つで変わる面の表情を確認しながら稽古できる」と山本会長。「芸を磨くことで、平成から次の時代へ伝承する足がかりにしたい」と意気込む。
 完成披露会は同寺境内で午前11時〜正午。雨天決行。保存会による演舞を行い、来場者が舞いの型を体験できる場を設ける。来場者に福菓子の進呈あり。Tel090・7101・7462(山本会長)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月2日号(2316号) 1面 (10,873,632byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民さん(03/20)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/20)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中