忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《高野産廃》初回から協定不履行 展開検査撮影せず

 2019年03月02日 
 今年1月に操業を開始した高野の安定型産業廃棄物最終処分場が初回受け入れの際、赤穂市との環境保全協定で取り決めている展開検査状況の記録写真撮影をしていなかったことがわかった。
 展開検査とは、廃棄物を埋め立て処分する前に搬入車両から降ろしてひろげ、許可品目以外のものが混入・付着していないか目視で確認するもので、省令で安定型最終処分場に義務付けられている。
 協定では、「展開検査状況を搬入の都度、写真撮影し記録を行うこと」としている。事業者が展開検査の義務を果たしていることを確認できるようにするためで、違反しても罰則はない。また、事業者が県へ提出した維持管理計画書では「搬入車両の車両番号を含めて展開検査の状況を写真撮影して、記録して保管する」ことになっている。
 市環境課によると、同処分場では今年1月7日に最初の埋め立て処分(混合物21立方メートル分)が行われたが、その際の展開検査状況の記録写真は撮影されていなかったという。
 事業者は赤穂民報の取材に、「処分場へダンプから降ろすときの写真は撮ったが、展開検査の写真は撮っていなかった。うっかりしていた」と撮影の不履行を認めた。2月6日の立ち入り検査の際には市の担当者から「今後はちゃんと撮影してほしい」と申し入れを受けたという。
 また、2度目の埋め立て処分(廃プラスチック6立方メートル分)があった2月1日分についても、同課の話では、「2月27日に事業者から写真が提出されたが、廃棄物が車両の荷台に載っている状態の写真と、埋め立て処分しているところとみられる写真しかなかった」という。一方、事業者は取材に「2月1日分は展開検査時の写真を撮影して提出した」と話しており、市の説明と食い違う。本紙は双方に写真の閲覧を求めたが、事業者は「市に提出したので手元にない」と言い、同課は「情報公開請求が必要」とした。
 同処分場をめぐっては昨年10月、前事業者から現事業者へ施設が譲渡。さらに代表者が辞任し、取締役だった男性が代表に就いた。そんな中、県と市が初回搬入時に実施するとしていた立ち入り検査は行われず、県が操業開始を確認したのは1月30日で、その翌日に県から市へ情報提供があったという。
 同課によると、代表者の交代を把握した昨年10月31日以降、「今年1月下旬か2月のかかり」まで一度も事業者と連絡をとっていなかったという。事業者側は取材に、「(初回搬入時の立ち入り検査の申し入れについて)聞いていなかった」と話した。
 同課は2月25日の民生生活委員会協議会で、初回搬入時の立ち入り検査が実施されなかった理由について、「県から連絡があると思っていた」「事業者が(県への連絡を)失念していた」などと釈明。「2月6日の立ち入り検査で記録写真は確認したのか」との委員の質問に対しては、「写真は確認していない」と答えたのみで、撮影不履行については言及しなかった。
 ▽赤穂市環境課=「(初回搬入時に立ち入り検査できなかったことについて)もっと積極的に情報を取りに行くべきだった。(記録写真撮影の不履行について)協議会で報告しなかったのは、事業者からの正式な報告を受けるまでは言うべきではないと判断したから。今後は協定を遵守するように事業者に申し伝えた」
 ▽事業者=「記録写真を撮影していなかったことは申し訳なかった。今後はしっかり協定を守っていくので、これからの運用を見てほしい」
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月2日号(2316号) 1面 (10,873,632byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]

コメント

赤穂民報さん
これからの処分場の運用をみてくださいね
投稿:ミスターX 2019年03月02日
搬入の際、写真撮っても目視だけで中身が何が分かりますの?
事前に処分するものの成分分析を行って迅速に処分するのが筋でしょ?
てか、民間ゴミ処理業界がええ加減やからこんな事せなあかんという事なんやろね。
てか、搬入前の検査を厳格化しろ!!
投稿:赤穂市の・・・ 2019年03月03日
ミスターX。あんた業者の代弁者?何もわかっていない。誰に約束しとんじゃ。違うやろ。赤穂市民をなめんなよ。それから、行政関係環境課職員、給料返せ。事故が起こってから動くンか。業者が変わってのであれば、保全協定を尚のこと厳格に徹底せなあかんやろ。全てがごてごてにまわっとるがな。たとえば、通学路通行。学校が授業日か否かに関わらず、きっちり業者は、教育委員会とか学校に連絡せなあかん。子どもらの生活道路やろが。行政は、書類主義ではなく、プロとしての現場重視に徹せなあかんだろが。「業者は、軽いノリ。行政は軽い責任」どうにもならんな。保全協定の前提「市民の不安の払拭」は、一体どうなっとるんじゃ。これでは「不安は増すばかり」ではないか。県も市も一緒になって、高野産廃稼働は、一旦ストップさせて、業者に徹底指導すべきだ。事後指導ではなく事前指導の徹底だ。行政も業者も緊張感と危険認識が甘すぎる。これでは、事故が必ず起きる。警告しておく。
投稿:危険の極み 2019年03月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中