忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

故粟田哲也さんの遺稿集『鉄弥と文芸作品』

 2018年09月01日 
「この本は主人そのもの」と出来上がった遺作集を見つめる妻の和子さん
 「鳴瀬川鉄弥」のペンネームで生前、地元の文芸誌に多くの短編小説を投稿した元小学校長、粟田哲也さん(享年79)の作品をまとめた遺作集『鉄弥と文芸作品』がこのほど出来上がった。
 美術教諭だった哲也さんは定年後、二科展で入賞したほどの技術があった板金彫刻制作に加え、ライフワークとして季刊同人誌サークル「かぼちゃ畑」に入会。身近な出来事や少年時代の思い出を題材にした私小説、随想をつづり、ほぼ毎号寄稿した。
 遺作集は「本を通して、父の人となりを感じてほしい」と家族らが編集した。初投稿の「ただいま、徒食惰眠中につき」から絶筆となった「勘太とめじろ」まで52篇を、同人誌に掲載されたときと同じワープロ打ちの活字と自筆文字のまま2巻に分けて収録。職人との出会いでものづくりの面白さに目覚める「鍋釜の修繕屋と少年」、備前焼作家の父娘との邂逅を描いた「陶芸家 六」などフィクションでありながら実体験をしのばせる作品が多い。
 家族によると、2年前にがんで亡くなった哲也さんは闘病中も執筆を続けたという。妻の和子さん(72)は「本人は彫刻と同じくらい書くことも好きでした。この本は主人そのもの。多くの人に読んでもらえれば作者の心も満たされると思います」と話している。
 遺作集は「その一」(B5判133ページ)と「その二」(同115ページ)があり、いずれも赤穂市立図書館で読むことができる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年9月1日(2291号) 3面 (9,207,979byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂西中吹奏楽部 関西大会も金賞←りんりん(08/19)
  • 赤穂西中吹奏楽部が創部初の県金賞 関西大会へ←赤穂の人(08/19)
  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←ヒロリン♂(08/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中