忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

百名山と百名城 ダブル踏破 加里屋の小賀紀明さん

 2018年09月01日 
「日本百名山」と「日本100名城」のダブル踏破を達成して仲間からアルバムポスターで祝福される小賀紀明さん
 「日本百名山」と「日本100名城」のダブル踏破を加里屋の小賀紀明(おが・のりあき)さん(78)がこのほど達成した。
 40代後半で城巡りを始めてから約30年かけての快挙。このほど赤穂城で記念撮影し、会長を務める地元登山サークル「オタカクラブ」の仲間らから祝福された。
 日本百名山は文筆家で登山家でもあった深田久弥(1903―71)が「品格、歴史、個性を兼ね備えた山」として国内100座を選んだもので登山愛好者の憧れ。日本100名城は時代や地域を代表する城を日本城郭協会が平成18年に制定し、赤穂城も選ばれた。
 小賀さんは7月から8月にかけて2回に分けて東北と信州を巡り、8月2日に久保田城(秋田)で100名城を踏破。同20日に100座目となる恵那山(長野)を完登した。
 若いころから山登りと城巡りが趣味。70歳になった時点では百名山は十数座に登頂し、100名城は4分の1ほどを訪れたに過ぎなかったが、「誰もやってないことにチャレンジしたい」とダブル踏破へ本格的に取り組むことを思い立ったという。
 登山と城巡りを組み合わせた旅程を立て、春は九州や四国など南日本、夏と初秋は東北や信州といった北日本へ。毎年10カ所前後ずつ巡り、今シーズンを迎えるまでに残り7座と3城となっていた。
 目的地の最寄り駅までは電車やバスなど公共交通機関を乗り継いで移動。そこから重さ約10キロのリュックを担いで一日8〜12時間歩く。15年ほど前から地元の雄鷹台山に毎朝登って鍛えた健脚のたまものだ。
 「どの山、どの城にも、それぞれに忘れがたい思い出がある」と小賀さん。「夢のまた夢と思っていたことを達成できた」と充実感に浸りつつ、「自分も挑戦してみたいという人があれば、自分の分かる範囲でアドバイスしたい」と話している。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】私のこだわり(4)登山と城巡り


掲載紙面(PDF):
2018年9月1日(2291号) 1面 (9,207,979byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 4月から常勤医師8人増員〜赤穂市民病院←たくさんだ(03/17)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/16)
  • 4月から常勤医師8人増員〜赤穂市民病院←産婦人科(03/16)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中