忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

「地域のシンボルに」高瀬舟灯台を修復

 2018年12月15日 
地元住民の手で改修された東有年の高瀬舟灯台
 かつて千種川舟運の目印だった史跡を地域のシンボルとして後世に残そうと、東有年の高瀬舟灯台をこのほど地元住民らがボランティアで修復。老朽化したトタン壁を焼杉板に取り替え、往時の姿をよみがえらせた。
 灯台は千種川を眼下に見下ろす大鷹山の中腹で八幡神社の境内にある。コンクリート製土台に四角すいのやぐらを乗せた形状で高さ約5メートル。市教委によると、同神社に明治10年に奉納された絵馬に灯台が描かれているが、いつ建てられたかは不明。地元の人の話では、「昔は土台がコンクリートではなく石垣だった」という。
 これまでやぐらを覆っていたトタン板の腐食が進んだため、同神社の宮下憲章宮司と代表総代の井上克彦さん(77)ら役員が改修に取りかかった。工事に伴う市教委の調査で現在の土台の下に石垣が確認でき、トタン板を張る以前に使われていたとみられる古い杉板の破片も見つかった。
 「内部の部材は修繕を重ねた痕跡があり、大切に維持されてきたことがうかがえた」と市教委。井上さんたちによると、心柱の栗の木をはじめ内部に目立った傷みはなく、「これで次の世代に引き継ぐことができる。灯台のそばに説明板を設置することも検討したい」と話している。
 * * *
【訂正】
 絵馬の奉納時期について、「昭和10年」としておりましたが、正しくは「明治10年」でした。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年12月15日(2305号) 1面 (5,275,477byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 4月から常勤医師8人増員〜赤穂市民病院←たくさんだ(03/17)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/16)
  • 4月から常勤医師8人増員〜赤穂市民病院←産婦人科(03/16)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中