忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史商業・経済
  3. 記事詳細

「熱意で盛り上げて」北前船寄港地セミナー

 2018年11月18日 
日本遺産認定の地域活性化への活用などをテーマに開かれた北前船寄港地セミナー
 日本遺産に認定された地域の魅力を再認識しようと、「第1回北前船寄港地セミナーin赤穂市坂越浦」が18日にあり、北前船に関する地元の歴史や日本遺産認定の意義などについて専門家が基調講演。地域活性化へつなげる方策などを探った。
 日本遺産は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定するもの。「北前船寄港地・船主集落」は平成29年4月、山形県酒田市など11市町が認定されたのに続き、今年5月には赤穂市を含む27市町が追加認定された。
 セミナーは加里屋中洲の赤穂ロイヤルホテルで開かれ、約120人が来場した。
 赤穂市教委文化財係の荒木幸治係長は、家島諸島によって波から守られ、また千種川の物流を支えた高瀬舟の発着場にも近かった坂越浦が寄港地として適していた点を指摘。「今後の資料調査が進めば、坂越の歴史がさらに明らかになる」と展望を語った。
 北前船日本遺産推進協議会の中野秀治・ANA総合研究所主席研究員は、北前船寄港地を巡るツアーの商品化など取り組み事例を紹介。「住民の熱意、盛り上がりがあれば観光客も楽しめる」と地元の機運向上に期待した。新潟県長岡市から来穂した河井継之助記念館の稲川明雄館長は「坂越には『まずやってみよう』という気質の人が多いのでは。将来に向けて頑張って」とエールを送った。

コメント

申請しても認定率が2割強と、日本遺産に指定されるのが大変と狭き門であるのが解ったと同時に、その裏で動いている方々のご苦労を改めて知ることが出来ました。
また、その意義と今後の地域にもたらす波及効果などの今後への期待についても大変興味深く拝聴させて頂きました。
只、一つ残念な事は、出席者の平均年齢が恐らくは60歳前後で、ただの1人も20〜30歳代の若者の姿は1人もなく一抹の不安も覚えました。
お話の内容は少しも難しくなく、むしろ将来のビジネス・起業への夢をも与えてくれる内容でした。その辺り工夫が必要ですね・・・
若者世代の(強要でない)この事業への興味をいかに導くか・・・・今後の課題と思いました。

投稿:動く総合商社 2018年11月19日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中