忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント子供
  3. 記事詳細

いざ本番!「子ども義士物語」21日上演

 2018年11月17日 
21日の本番へ向けて気勢を上げる城西小6年生
 「赤穂義士」を「総合的な学習」のテーマに取り入れている城西小学校(鍋島真弓校長)で11月21日(水)、忠臣蔵劇「子ども義士物語2018」が上演される。
 演じるのは6年生児童52人。14日には衣装を着けて通し稽古を行い、本番へ向けて意欲を高めた。
 同校児童の忠臣蔵劇は平成7年に6年生有志で初演したのが始まりで今年で24年目。10月末に配役を決め、毎日練習に励んでいる。今月8日には県立ピッコロ劇団の劇団員を招き、台詞の言い回しや殺陣の見せ方などを教わった。
 「刃傷松の廊下」から「寺坂、別れの場」まで全10場。瑶泉院役の西垣うたさん(12)は「普段の自分とは違って、『おしとやかで凜とした女性』を演じるのが目標」と役柄をイメージ。討ち入りの場面で大石内蔵助を演じる寺田莉斗君(11)は「1年生のときから内蔵助役をやりたいと思っていたので楽しみ。かっこよく演じたい」と意気込んだ。
 同校体育館で午前10時半開演。鑑賞自由で当日に限り運動場を臨時駐車場として開放する。TEL42・0698。


掲載紙面(PDF):
2018年11月17日(2301号) 4面 (9,101,683byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中