忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 絵本で世界を旅しよう
  3. 記事詳細

エリック・カールの絵本

 2017年07月01日 
『ゆっくりがいっぱい!』 ○作/エリック・カール ○訳/工藤直子 ○前書き/ジェーン・グドール ○偕成社
 私に絵本の素晴らしさを教えてくれた一人がエリック・カールです。彼の絵本を何度も手にしました。そのたびにカルチャーショックを受け続けました。
 イギリスの動物学者ジェーン・グドール。彼はタンザニアのゴンベで野生のチンパンジーを研究している中で、「ナマケモノ」に出会います。エリックは、そのとき感じたことを「ゆっくりがいっぱい!」という絵本にしました。
 ナマケモノという動物は、いつも木の枝にぶら下がり、あまり動こうとはしません。そのためか、あまり好感を持たれないかもしれません。
 「ゆっくり・のんびり・おっとり」としていることがなぜいけないのでしょうか…。より早く、より大きく、より豊かにという暮らしをいつ頃から求めるようになったのでしょう。
 ひょっとすると、現代社会の成り立ちに深くかかわっているのかもしれません。
 ときには取り返しのつかない過ちを何度も起こしているかもしれないのに……。
 ときには、ナマケモノのように「ゆっくり・のんびり・おっとり」と生きていくことの大切さを感じます。
 私の思いは、今の世の中では受け入れられないでしょう。しかし、日々の暮らしを振り返ってみることは、とても大切なことです。
 エリック・カールの絵本はいつも新しいことを教えてくれます。
  * * *
 『ゆっくりがいっぱい!』○作/エリック・カール○訳/工藤直子○前書き/ジェーン・グドール○偕成社
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年7月1日(2237号) 3面 (11,690,634byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数 会派代表者会でも「現状維持」←外野席から(02/12)
  • 議員定数 会派代表者会でも「現状維持」←解りません(02/10)
  • 【社説】本当に「部下が聞き間違えた」のか←結局(02/10)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中