忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

御崎「大石名残の松」枯死寸前

 2012年10月13日 
マツクイムシ被害で枯死の危機に陥っている「大石名残の松」
 大石内蔵助が船で赤穂を離れる際に見納めたとの逸話にちなんで御崎の海岸遊歩道沿いに植えられている「大石名残の松」が深刻な松枯れに陥っている。
 マツクイムシによる被害とみられ、半分以上の松葉が赤茶色に変色。予断を許さない状態だ。
 8月下旬、松葉の一部が変色しているのに気付いた近隣住民が赤穂市へ通報。殺虫剤を散布したが、その後も異状が広がった。
 今年は市内各所で松枯れが発生。市文化とみどり財団公園事務所によると、坂越「ふるさと海岸」をはじめ約90本のマツを伐倒した。造園業者の話では一度マツクイムシの被害が発生すると回復は難しいという。
 「大石名残の松」の正面で民宿を営む大田篤志(とくし)さん(89)・静子さん(89)の話では、現在のマツは約50年前に枯れた先代の後継として3本植えたうちの一本。十数年前にも松枯れを起こして市が伐倒を計画したが、奇跡的によみがえったという。
 造園業者のアドバイスで週1回、マツに活力剤を与えている静子さんは「名残の松越しに見る朝日は絶景。何とか持ち直してほしい」と復活を願っている。


掲載紙面(PDF):
2012年10月13日(2009号) 1面 (7,354,688byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

今年の夏から、この松だけでなくて、赤穂から坂越の海岸沿いの松を含む貴重な木々が見るも無残に至る所で枯れてます。最初は塩害かな?と思って見ていたのですが・・・本当に害虫だけが原因でしょうか・・・心配です。
投稿:調査が必要では・・・ 2012年10月13日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集