忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

赤穂の碁会所で腕磨き全国へ

 2012年07月20日 
囲碁の少年少女全国大会に出場が決まった田中康湧君
 赤穂市内の碁会所で棋力上達に励んでいる相生市大石町の田中康湧(こうゆう)君(11)=5段、中央小5年=が「第33回朝日少年少女囲碁大会」の兵庫県大会で準優勝。自身初めての全国大会出場権を手にした。田中君は「予選を勝ち抜けるように頑張る」と健闘を誓っている。
 初めて碁石を握ったのは6歳のとき。近所の公民館の囲碁教室で基本を教わった。小3の秋からは加里屋の花岳寺通商店街にある「赤穂楽碁会」の碁会所に月2〜3回通い、黒田紀典(としのり)会長(71)=塩屋=をはじめとする高段者にもまれている。
 「小学校を卒業するまでに初段になりたい」と考えていた田中君。15級だった昨年1月、碁会所の常連メンバーから「これを毎日やったら必ず初段になれる」と手筋の問題集を薦められた。一日10問のノルマを課し、実力が急速にアップ。半年後に初段、その翌月には安達利昌プロに3段を認められた。20歳までの3段以上が集まる関西棋院高等部にも合格し、あまりの成長の速さに周囲がとまどうほどだ。
 全国大会は7月31日と8月1日に東京の日本棋院である。県大会の1カ月前から始めた朝練習は倍の1時間に増やした。「囲碁が本当に面白い。知らない人たちと対局できるのが楽しみ」と大会を心待ちにしている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2012年7月21日(1999号) 4面 (7,326,698byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 子供 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中