忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

巨大塩像の予想図発表

 2010年09月23日 
主催者から発表された巨大塩像の完成予想デッサン
 赤穂特産の塩をテーマに開催される「まるごと赤穂大博覧会」(11月3日〜21日)のメーンイベントとしてプロ彫刻家が制作する“巨大塩像”の題名と完成予想デッサンがこのほど実行委員会から発表された。
 像の題名は「結晶」。人が両横を支える球体から人物が力強く立ち上がる様子を彫刻する。
 すでに会場となる加里屋の「いきつぎ広場」には総重量57トンの塩を型枠で固めたピラミッド状のベース(幅7メートル、奥行き4メートル、高さ3・5メートル)が準備。イベント初日に制作開始セレモニーを行い、彫刻家の保坂俊彦氏、戸津真也氏が10日ほどかけて像を完成させる。題名の由来や作品コンセプトは完成セレモニーで公表するという。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年9月25日(1913号) 1面 (8,806,866byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

今回のイベントが、カンフル剤になって欲しいですね。今は、どの市町村も観光しか生き残れないと思います。
赤穂にある資源や箱物をフル活用して、ほしいですね。
今は、お客さんがセレクトする時代。オプションを多く持っている街が有利。
それと、シルバー世代がねらいでしょ。熟した大人の街を演出しなければ、いけないと思います。
投稿:観光産業 2010年09月23日
24時間保安は、無理ですか。期間中、芸術が野外なので。
投稿:保安 2010年10月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中