忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

ひとり暮らし学生へ食料支援 求む協力

 2021年01月27日 
支援を必要とする学生向けに無償提供された食品セット=フードバンクあこう提供
 余っている食品の寄付を受け付け、必要とする団体や世帯に無償提供するボランティア団体「フードバンクあこう」が、一人暮らし学生を対象に食料を支援する取り組みを今月から始めた。初回の12日には10人の学生が白米や野菜、レトルト食品などを受け取った。
 同団体は西有年の元高校教諭、米家邦洋さん(70)が代表となって立ち上げ、2017年2月から活動。毎月第2・第4月曜日(祝日の場合は翌日)の午前10時〜午後3時に中広の総合福祉会館1階ロビーで食品の寄付を受け付け、集まった品を福祉施設や生活困窮家庭などに無償で提供している。「コロナ禍でアルバイトがなくなるなどして食べ物に困っている一人住まいの学生がいるのでは」と今回初めて学生向けの食料配布会を企画した。
 関西福祉大学、はくほう会医療専門学校赤穂校の協力で学生に周知。事前申込みのあった人数に応じて食品を準備し、白米1キロとアルファ米10食、レトルトカレー2袋、缶詰などをセットにして一人ずつに渡した。この日、たつの市内の企業から届けられた素麺と麺つゆもセットに加えた。
 関西福祉大学によると、新型コロナウイルス感染症の影響で家計の急変やアルバイト収入が激減するなど生活が困窮した学生を対象に1人10万円を給付した緊急支援給付金を受給した学生は391人で、全体の3割近くに上った。同大学では全学生に担当教員をつけて週1回以上連絡を取り、困っていることなどがあれば個別に対応しているという。
 米家さんによると、初回に食品を受け取りに来た学生からは米や麺類のニーズが多く、主食にすら困っている状況がうかがえたという。「友達にも食事に困っている人がまだまだいるとの話もあった。親元を離れて、ひもじい思いをしている学生に、せめて米だけでも腹一杯食べさせてあげたい」と今後も支援を続ける考え。「作りすぎて余っているお米や野菜があれば、ぜひ提供してもらえるとありがたい」と協力を呼び掛けている。
 次回の食料配布会は2月8日(5日までに要予約)。米家さんTel090・1153・2611。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月30日号(2402号) 2面 (8,157,171byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

前回に続き、「あこう子ども食堂」から「フードバンクあこう」を通じて 赤穂ライオンズクラブ様はじめ、地域の方々がご提供くださった食材(お米、レトルトカレー、石鹸、ラーメン、スティックコーヒーなど)をも学生に支援させていただく予定です。

そう思う 7

投稿:あこう子ども食堂 2021年01月27日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←今日から本議会(03/01)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺