忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

黒枝豆1株100円 畑で直売会

 2020年10月13日 
直売会を開く周世の黒枝豆畑と栽培農家のみなさん
 周世土地利用組合(竹本正明組合長)は10月17日(土)・18日(日)に黒枝豆の直売会を開く。畑から収穫したばかりの黒枝豆を枝付きの状態で1株100円で販売する。
 「地域の特産にしよう」と2016年から栽培に取り組む。今季も丹波から仕入れた種豆を7月初旬に植え付けた。夏場の天候不順で出来が心配されたが、「ほぼ例年並みの実の付き具合になった」(竹本組合長)という。
 直売会は今年で3年目。コクのある風味の黒枝豆が格安で手に入るとあって過去2年はいずれも予定数を完売した。「これから日に日に粒が大きくなっていく。直売会の頃には、ちょうどいい状態になりそう」(同)と見込んでいる。
 直売会は周世集落営農センターから南約100メートルの畑で両日とも午前9時〜正午。小雨決行。希望者は自分で畑に入って好きな株を収穫できる(剪定ばさみ、長靴持参)。「屋外での行事ですが、念のためマスク着用をお願いします」と感染症対策への協力を呼び掛けている。問い合わせはTel090・6982・3947。
 また、18日には周世ふれあい市場(Tel090・9213・7547)で枝豆入りちらし寿司(340円、50食限定)の販売あり。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月10日号(2388号) 4面 (9,169,319byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←風評被害のないように(12/03)
  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺