忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第15話「蟻無山」

 2020年06月06日 
 
 大昔のことです。有年を治めていた豪族が亡くなり、その息子は山の上に大きな墓を造るよう、村人に命令しました。まず、土を盛り上げて大きな塚をつくり、その上に葺石(ふきいし)といって、磧石(かわらいし)を並べるように命じたのです。
 来る日も来る日も大勢の村人が千種川の磧石を背負い、山の上まで運びました。磧石は重く、山の上までの道は急でした。
 真夏の暑い日のことです。一人の村人が重い石を背負い、いつものように、ひいひいと息せききって登っていました。ふと、下を見ると、蟻の行列が前を横切っているのが目に入りました。
 「足をおろせば、何百匹もの蟻が踏みつぶしてしまう」と思った村人は、とっさに蟻の行列を避けようとしましたが、体がふらついて倒れてしまいました。しかも、背負っている石が重たくて、なかなか起き上がれません。
 「この横着者めが!」と役人が村人を怒鳴りつけ、鞭で繰り返し打ちつけました。村人の体には幾筋ものミミズ腫れができ、それが破れて血が流れ出ました。
 村人に助けられた蟻たちは仲間を呼び寄せ、一斉に役人の足に這い上り、ところかまわずチクリ、チクリとかみ続けました。役人は「イタッ! イタイ、イタイ」と鞭を放り出して逃げていきました。
 その日の夜、蟻たちは相談しました。
 「私たちがこの山にいると、また同じことが起こるだろう。心やさしい村人が鞭で打たれるのは、もう見たくない。よその山へ引っ越したらどうだろう」
 「それがよい。そうしよう、そうしよう」
 それからというもの、この山には蟻が一匹もいなくなりました。そのため、村人たちはこの山を「蟻無山(ありなしやま)」と呼ぶようになりました。
 『播磨鑑(はりまかがみ)』という江戸時代に書かれた本には、蟻無山の土を庭にまくと、庭にも蟻がいなくなる、と書いてあります。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第一集』・「蟻無山」より)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月6日(2373号) 2面 (9,147,827byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺