忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第16話「恋ヶ浜」(下)

 2020年06月20日 
 
 富造が綱崎の岩場から釣り糸を垂れてから半日が過ぎましたが、小魚が一匹釣れただけでした。雲行きは怪しくなり、波が高くなってきました。
 「せめて一匹でも大きな魚が釣れるまで頑張ろう」
 富造は自分に言い聞かせながら辛抱強く待ちました。空はどんどん暗くなり、波はさらに高くなっています。時折打ちつける大波で富造の着物が濡れるほどになってきました。
 「もう帰ろうか。千代姫ががっかりするだろうな」
 と思ったとき、思いがけない強いあたりが釣り竿にありました。富造は「しめた」と思い、釣り竿を上げようとしました。
 そのときです。突然大きな波が押し寄せてきたかと思うと、あっという間に富造を海の中にのみ込んでしまいました。綱崎の浜は激しい嵐になりました。
 家で待っていた千代姫は、いつまで待っても帰ってこない富造が心配になり、浜へ迎えに行きました。
 「富造さーん、富造さーん」
 千代姫は繰り返し叫びましたが、富造の姿は見当たりません。村人たちも一緒に富造を捜しましたが、見つかりませんでした。
 次の日も、その次の日も、富造は見つかりませんでした。村人は、泣き崩れる千代姫になぐさめる言葉もありません。富造が波にさらわれた日から、千代姫は何も口にしなくなりました。そして、綱崎の浜で
 「富造さーん、富造さーん」
と、愛する夫の名前を狂ったように叫び続けていました。
 一週間が過ぎました。朝早く鳥撫の村人が綱崎の浜へ行くと、そこに千代姫が倒れていました。帰らぬ夫を待ち続けて、千代姫は浜で息を引き取ったのです。
 それから誰言うとなく、綱崎の浜を「恋ヶ浜」と呼ぶようになりました。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第一集』・「恋ヶ浜」より)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月20日号(2375号) 2面 (10,873,809byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 小学校も修学旅行中止←下級生の親様へ(10/22)
  • 米朝一門落語会 18日から前売り←笑美(10/21)
  • 濃厚接触者確認され修学旅行を中止←当たり前(10/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺