忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

桃井ミュージアム開館10年で感謝デー

 2020年05月23日 
桃井ミューアジアム開館10年を記念してプレゼントする盆栽
 御崎の雲火焼展示館「桃井ミュージアム」は5月24日(日)、開館10年目を迎える。当日は感謝デーとして入館料を無料とし、先着30人に館内カフェスペースのドリンクチケット(ソフトクリームまたはコーヒーなど)を進呈する。
 同館は、雲火焼作家でオーナーの桃井香子さん(77)=御崎=が、祖父と父が社長を務めた桃井製網の旧福利厚生施設を買い取ってリニューアル。2011年5月24日にオープンした。雲火焼を創出した大嶋黄谷(1821―1904)の逸品をはじめ、桃井さんら現代の作家が手掛けた作品を展示し、陶芸体験も実施。雲火焼と並ぶ地元の伝統工芸「赤穂緞通」も紹介するなど、「赤穂の文化遺産を次世代に伝承したい」という桃井さんの思いが詰まった施設となっている。
 同館支配人の長棟光亮さん(46)によれば、開館してしばらくは訪れる人が少なく、「一人も来館者のない日もあった」という。県内や播磨ゆかりの芸術や文化を紹介する特別展や企画展を年3〜4回のペースで開き、瀬戸内海を一望できるロケーションを活かした結婚式も受け付けるなどで来館者数は年々増加し、ここ数年は1万人を超えるまでになった。
 桃井さんは「10年続けられたのは、みなさんの温かい見守りのおかげです」と感謝。「これからも雲火焼と赤穂緞通が文化遺産として定着するよう運営を継続していきたい」と話している。
 開館10年記念として同館とゆかりのある牛窓神社(岡山県瀬戸内市)から提供された盆栽約140点を希望者にプレゼント。1人2点まで(一部は抽選)。TEL56・9933。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年5月23日号(2371号) 1面 (4,330,125byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺