忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

N95マスク アルコール消毒はNG

 2020年04月27日 
 医療用にも使用されるN95マスクに消毒用アルコールをかけると、マスクの性能が著しく劣化するという検証結果がこのほど明らかになった。検証した専門家は「N95マスクのアルコールによる消毒は禁忌」と注意を呼び掛けている。
 検証実験を行ったのは国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長を務める西村秀一氏。
 実験では、(1)N95マスク (2)強力な蛍光管UV消毒装置のUVライトに20分間暴露させたN95マスク (3)75%アルコールをたっぷり噴霧し、37度で2時間以上乾燥させたN95マスクーの3種類を用意。密閉された実験室内に噴霧したインフルエンザウイルスを人の安静時の呼吸スピードを想定して回収し、マスクを通過した空中浮遊粒子に含まれる活性インフルエンザウイルスの量を測定することで、マスクの消毒がその素材性能に及ぼす影響を調べた。
 その結果、通常のN95マスクのウイルス通過率が1%だったのに対し、UVライトに暴露させたものは8%に上昇。アルコールを噴霧したものは35%まで性能が低下したという。
 また、同じ実験をサージカルマスクでも行ったところ、ウイルス通過率は通常のサージカルマスクで4%、UVライトに暴露させたものは6%、アルコールを噴霧したものは12%となったという。
 空中浮遊粒子(粒子径0・3マイクロメートル以上)の通過率を調べた実験でも、アルコールを噴霧したN95マスクは14・1%で、通常のN95マスク(0・2%)やサージカルマスク(3・7%)よりも大幅な性能の劣化が示された。
 検証結果について西村氏は、「粒子捕集の多くの部分が素材の目の細かさによっているのではなく、静電気等の分子間力によっているため、アルコールが静電気成分を弱めるなどの働きをしたものと考えられる」と考察。「N95マスクはアルコール消毒を避けるべき」と警鐘を鳴らしている。
 また、空中浮遊粒子がマスク素材を通過する率が、吸引速度が速いほど高くなるとし、「マスクを着用したときは走らないで」と呼び掛けている。
 実験は今月22日に行われ、西村氏は「一日も早く医療現場に伝えるべき」とし、論文での発表ではなく、医療専門誌『日経メディカル』に緊急寄稿した。
<前の記事
[ 社会 ]

コメント

消毒アルコールかけて使い回してました!もう止めます!

そう思う 0

投稿:知らなんだ 2020年04月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中