忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会政治
  3. 記事詳細

《西有年産廃》「『心配ない』ともっていけるか」知事発言

 2020年01月01日 
知事の発言を記録した発言録について会見で説明する「赤穂の環境を守る会」
 西有年産廃処分場建設計画をめぐり、許可権者である井戸敏三・兵庫県知事が幹部職員との会議で、計画に「断固反対」を表明している牟礼正稔・赤穂市長に関し、「『牟礼市長が反対と言っていたのは懸念があったからだが、懸念が払しょくされたから心配ない。』というような形にもっていけるかどうかだ」と発言していたことがわかった。
 また、「専門家会議の前にそれなりにこちらでシミュレーションしておいて、それから専門家会議を開くのがいい」とも発言。これらの発言を記述した発言録は「知事協議記録」の件名で関係部署に配布され、公文書として担当者たちが共有していた。
 発言録は昨年7月4日に井戸知事、金澤和夫副知事、環境部長、環境整備課長、西播磨県民局長、環境参事の6人で約40分間行われた話し合いのやり取りを活字化したもの。文書の存在を知った「播磨自然高原地区連合自治会」と「赤穂の環境を守る会」が昨年12月に記者会見を開き、要旨を明らかにした。両団体によると、昨年7月中旬、同計画の事前協議書を内容確認するための訪問先で県の担当課が保管しているファイルに綴じられていたという。
 発言録では、牟礼市長が産廃処分場計画反対を公約に当選したことを踏まえ、知事が、「『牟礼市長が反対と言っていたのは懸念があったからだが、懸念が払しょくされたから心配ない。』というような形にもっていけるかどうかだ」と発言。さらに、災害時対応や景観問題、アクセス道路設置など計画を進める上で予測される課題について話し合いを重ねた後、「専門家会議の前にそれなりにこちらでシミュレーションしておいて、それから専門家会議を開くのがいい」と述べている。
 別の場面では、知事が「地元が問題にしているのは最終的に水質でしょ?」と切り出し、「災害で防水シートが破れても流れ出ないようにすればいい」と対策を提案。県民局長が「下手側の調整池をしっかり準備する方法がある」と応じると、「高砂のPCBみたいに防水杭を打つとか」などと具体的なアイデアを出した様子が記されている。
 また、予定地について課長が、「地区としては西有年だが、この周りに家自体がない。一番近い所でも上郡から1キロ位離れた所にしか家はない」と説明したのを受け、知事が「赤穂が上郡に割譲したらいいのでは」と言及。赤穂市側の自治会が計画に反対している一方で、上郡町側の自治会が「誘致」を表明していることを踏まえた発言とみられる。
 県は赤穂民報の取材に、「事業計画に賛成、反対の両者の立場を考えて、様々な状況を想定して課題等について話し合った」などと「知事協議」があったことを認めた。発言録については、「記録作成者が協議結果の記録を作成する過程で、個人的に起こした一時的な作成途中の資料」などとしつつも、複数の関係部署が共有した公文書であることを認めた。
 両団体は会見で、「極めて具体的で生々しい会話の記録で、兵庫県がいかにこの計画をバックアップしているかが浮かび上がってくる」と指摘。「井戸知事の発言は、まるで産廃業者としか思えない。まさに『知事案件』だ」と県政トップへ批判の矛先を向けた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月1日号・第2部(2354号) 1面 (5,585,747byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

・・知事が「赤穂が上郡に割譲したらいいのでは」と言及。・・これと同じ趣旨のことを上郡町議会で、ある町会議員が発言していた。パネルで西有年山中の地図をさし示しながら、赤穂と上郡の境界を上郡側に広げるよう発言していた。産廃計画を意図した業者が有利になる発言だ。この議員は、「梨ケ原地区最終処分場建設推進協議会」の参与にも名を連ねている。赤穂市のあずかり知らないところ(無視した)で、業者と一体となった動きをしている。上郡町の一部地域=一部役員が、業者と一体となっていることは、明々白々。赤穂市としては、赤穂市の将来をしっかり見据えて、全市民の関心を高めないといけないと思う。もちろん上郡町民の大部分の方が、産廃計画に反対していることは、心強く、連帯協力していくことが最重要条件だ。

そう思う 0

投稿:オール赤穂 2020年01月10日
産廃反対=市長=県との繋がり
県知事=産廃推進

つまり産廃で県との繋がりは当てにできない。職員の不祥事も併せて、ここが牟礼市長の正念場。

そう思う 0

投稿:どうするどうなる赤穂市 2020年01月07日
牟礼氏は「計画そのものに断固反対する。意見を求めてきた場合は『同意できない』と回答する」
出展
https://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201901/0011983323.shtml

そう思う 0

投稿:断固反対 2020年01月07日
 おかしいと思った時に、いつもあきらめて異論を述べず、黙々と従っていると、それが当たり前となり、ついには間違っているということに気づくことさえ出来なくなる。
 しっかりしろよ、県の役人さんよ。

そう思う 0

投稿:やっぱりな 2020年01月07日
「賛成、反対の両者の立場を考えて」とあるが、県の役人言葉、意味わからん。どこをどう見ても知事は、大栄環境(業者)の立場でしか考えていないじゃないですか。県民の知らない密室で、業者の利益ためのを相談をしていること、丸分かりではないですか。知事は、大栄環境と何かあるのではないですか。あまりにも業者寄りではないですか。産廃事業に反対する赤穂市民は、怒らないとだめですよ。「断固反対」の声を見える形で行動せな、「昼行燈」の汚名を着せられますよ。

そう思う 0

投稿:悪代官 2020年01月03日
結局結論ありきの計画だったということ。

そう思う 0

投稿:市下県上 2020年01月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺