忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

人気シェフ 母校で講演「念ずれば花開く」

 2019年12月03日 
母校で講演した「さくらぐみ」オーナーシェフの西川明男さん
 御崎の人気イタリア・ナポリ料理店「さくらぐみ」オーナーシェフの西川明男さん(58)が3日、母校の赤穂西中学校で講演。「私が歩んできた道」と題し、夢と目標を持つことの大切さとおもしろさを語った。
 西川さんは21歳だった1981年、加里屋のお城通りに「さくらぐみ」を開業。当時は姫路にもなかった本格パスタや直輸入の石窯で焼くピザなどでファンを獲得した。「風景がナポリにそっくり」と2010年に現在の場所に移転。イタリア料理の国際普及団体「真のナポリピッツァ協会」からアジア初の認定を受けた。
 県教委の「プロから学ぶ創造力育成事業」の講師として招かれた西川さんは1、2年生約150人を前に仕事着のコックコート姿で登壇。父の急逝を受けて大学を中退して洋食店で働き始めたアルバイト時代の苦労や単身イタリアに渡って義士装束を着て現地の料理イベントで名前を売った当時の思い出のほか、現地の料理人や主婦から教わったレシピを活かしてスイーツ店とジェラート店もオープンした経験や「地元を盛り上げたい」との思いから地域活性化イベントにも取り組んでいる思いなども語った。
 「人があまりしないことをするのが好き」「イタリアにありそうでない料理を考えるのが楽しい」などとポジティブな自身の性分を語り、「念ずれば花開く。最初にイメージした結果にどうすれば早く行けるかを考える。到達すれば、また次へ向かっていく。そうすれば充実した人生になるんちゃうかな」と話した。
 2年の前田健祐君(14)は「チャレンジ精神とやる気を見習いたいと思った」と先輩の講演に刺激を受けた。
<前の記事

コメント

せっかくの西川さんのお話、3年生にも聞かせて欲しかったです。こんな機会はもう無いかもなのにとても残念・・・
投稿:残念 2019年12月04日
念ずれば花開くは、坂村真民さんの詩ですが、念じて花が開いた人って数少ないでしょう
西川さんは、本当に花が開いたのですね
投稿:念ずれば花開く 2019年12月05日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中