忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

15回記念で抽選会も「大津だいこんまつり」

 2019年12月05日 
ベテラン農家が育てた自慢の「大津だいこん」
 今年で15回目を迎える「大津だいこんまつり」は12月8日(日)、大津の「わかば園」(旧大津保育所)で午前10時から午後1時まで開催される。目の前の畑で収穫したばかりの新鮮ダイコンを安価で販売するほか、先着600人に「ふろふき大根」の試食を振る舞う。雨天決行。
 大津だいこんは、地元ベテラン農家有志の「大津年輪の会」(旧林茂存代表)が有機栽培で育てた「ひょうご安心ブランド」認定の地場産野菜。煮物にしたときの柔らかさと出汁のしみ具合に定評がある。今季も例年と同じ10アールを作付け、約4000本を収穫できる見込みだ。
 「寒くなるにつれて太くなってきたし、味も良くなる」と同会。当日は1本100円で一人30本まで即売。希望者は畑に入って自分で収穫する「大根引き」も体験できる。地元の主婦が漬けた「ゆず大根」「甘酢大根」はいずれも1袋100円。
 購入した人には15回記念で新米や冬野菜などが当たる抽選会あり。新田交差点から三石方面に約900メートル進んだ国道沿いの黄色いのぼり旗が目印。大津中央集会所グラウンドが臨時駐車場となる。問合せはTel43・6840(市農林水産係)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年12月7日号(2350号) 1面 (5,975,120byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中