忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

児童ら地元名所巡り歴史クイズに挑戦

 2019年11月30日 
クイズを楽しみながら地元の史跡を巡った尾崎名所ウォークラリー
 子どもたちが地元の歴史にまつわる問題に答えながらまちを歩く「尾崎名所ウォークラリー2019」が30日にあり、尾崎小学校(391人)の全校児童が参加。クイズを楽しみながら校区内の社寺や史跡を巡った。
 地元まちづくり団体「尾崎のまちを考える会」(目木敏明会長)と学校、PTAの主催で昨年に続いて2回目。大石内蔵助の手植えと伝わるハゼの木がある赤穂八幡宮、大正時代に村の基準点として建立した尾崎村道路元標など12か所をチェックポイントとし、各所にちなんだ問題を出題した。
 今年に「『日本第一』の塩を産したまち播州赤穂」が日本遺産に認定されたことを受け、塩づくりの神様をまつる塩竈神社、海水を煮詰める釜屋があったことから地名がついた「磯釜」もポイントに。6年生の二六駿太君(11)は「答えを間違えたクイズもあったけど勉強になった。自分の知らないことをどんどん知りたい」と次のポイントを目指した。
<前の記事

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中