忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

夢や目標持てない子ども 家計が影響

 2019年11月30日 
 子どもの貧困が社会問題となる中、赤穂市が今年度初めて実施した「子どもの生活実態調査」で、所得が相対的に低い世帯の児童生徒は、経済的理由で自身の進路が制限されていると感じ、将来の夢や目標を持てない傾向があることがわかった。
 調査は、第2期子ども・子育て支援事業計画を策定するにあたり、子育て世帯の経済状況を含めた生活実態を把握するために市内在住の小学5年生と中学2年生の世帯計796世帯を対象に今年7月実施。53・6%の427世帯から回答があった。国の基準などに従い、例えば4人家族の場合で年収250万円未満を「相対的貧困世帯」(以下貧困世帯)と区分。今回回答した世帯の中では38世帯が該当し、貧困率は8・9%となった。
 児童生徒に尋ねたアンケートで、「お金のことで、進路を制限されていると感じることはあるか」の問いでは貧困世帯の29・0%が「ある」「少し感じる」と回答。貧困でない世帯の6・2%を上回った。一方、「将来の夢や目標があるか」の問いで「ない」「どちらかというとない」と答えた割合をみると、貧困世帯は29・0%だったのに対し、貧困でない世帯は16・1%だった。
 また、保護者対象のアンケートでは、貧困世帯の約3割が「お金が足りなくて、家族が必要とする食料が買えないことがあった」と回答。約6割が「忙しさのために、子どもと話ができないと思うことがある」と答えた。「困ったときや悩みがあるときに、相談できる人」については15・8%が「特にいない」とし、いずれも貧困でない世帯よりも割合が高かった。また、貧困世帯の23・7%が「子育てに関わってから自殺を考えたことがある」と答えた。
 調査結果について総括した関西福祉大学社会福祉学部の中村剛学部長は「生まれ育った家庭に左右されることなく希望をもって生きることができるよう、困窮家庭の子どもへの支援が必要だ。保護者の養育環境を改善するためのソーシャルワーク機能の充実も望まれる」と第2期計画への反映を提言している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月30日号(2349号) 1面 (12,536,879byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中